NAGASE BIOTECH

TOPICS

What is ergothioneine?
Ergothioneine for Cosmetics

NAGASEのバイオテクノロジー

NAGASEグループ(NAGASE)は、商社という枠を超えて、独自のバイオテクノロジーにより、他社にない技術価値を提供しています。NAGASEは、微生物・醗酵生産物・酵素・酵素反応物の研究開発・生産に関わる要素技術を保有し、これらのバイオテクノロジーを組み合せることにより、微生物のスクリーニングから新規素材の開発・生産を実現し、お客様・パートナーのニーズにお応えします。

1MI(マテリアルズ・インフォマティクス)とは、最先端のデータ処理技術と材料科学を融合した新しい材料開発の技術分野です。NAGASEのMIプラットフォーム TABRASATMには、書籍、公共データベース、論文等のデータを読み込ませ、10,000,000件以上のデータを格納しています。

CASE STUDY #1

発酵法による物質生産

NAGASEは、酵素法発酵法の両方の生産技術を有していることが大きな特徴です。特に、効率的な微生物の発酵生産が可能なN-STePPTM(NAGASE’s Streptomyces Technology for Precious Products)を開発し、Streptomyces属放線菌由来の様々な酵素の生産性を飛躍的に向上させることに成功しました(N-STePPTMは長瀬産業の登録商標です)。

Streptomyces violaceoruber

(山梨大学提供)

Streptomyces属放線菌は他の微生物よりも多種多様な物質を合成する能力(遺伝子配列および実生産機能)を有し、結核治療薬のストレプトマイシンや、ノーベル賞を受賞した北里大学特別栄誉教授・大村智氏が発見した寄生虫駆除薬イベルメクチンなどが本放線菌より発見されています。
放線菌は、生産持続期間が長く、大腸菌や酵母が生産できない物質を生産できるなどの長所についても知られています。
NAGASEでは、放線菌による発酵生産以外にも、酵母や大腸菌を用いた物質生産に関する技術を有し、素材の製造をはじめ、食品用あるいは産業用酵素など、幅広い分野の企業様から、ご好評をいただいております。
今後、NAGASEでは、本技術を用いて生産したエルゴチオネインの開発を行っており、今後、香粧品、食品、医薬品業界のグローバルマーケットに向け、安価で高濃度、高純度のエルゴチオネインの安定供給に貢献してまいります。

CASE STUDY #2​

酵素を用いた素材生産と製品物性の改良

酵素を使って素材を生産する典型的な事例としては、トレハロース(トレハ®)やイソマルトデキストリン(ファイバリクサ®)の生産が挙げられます。独自酵素をデンプンに作用させることで、効率良く、安価に素材を生産・供給しています。

NAGASEは、酵素の開発・生産とともに、酵素そのものを用いた応用開発も行っています食品であれば、食品物性の改良を行うことで、フードロス削減、食感や美味しさの改良、乳化力上昇、食品の日持ち延長、パンの食感改良といった価値を提供しています。生活用品や工業製品であれば、製品の物性や洗浄力改良、環境負荷低減を行うことで、NAGASEは、お客様の製品の付加価値向上を提供するとともに、消費者のより豊かな暮らしの創造に貢献します。

CASE STUDY #3

MIシステムを使った新規化合物の探索 - TABRASA™

これまでの研究開発では、新規素材開発は実験や試作を繰り返す手法が一般的でしたが、近年ではMIを活用することにより、開発コストや期間を大幅に縮小できるほか、革新的な素材や製法の発見も可能となると言われております。NAGASEではMIプラットフォームTABRASATMを有しており、研究開発の効率化と革新化を進めております。バイオの分野においては10,000,000件以上のビックデータを格納し、そのビッグデータに基づいて、お客様の目的に合った新規材料や代替材料の探索を行うことが可能です。

例えば、物質Aを作る酵素を探索するには、物質Aに纏わる関係性をデータベースから検索し、この関係性を示すナレッジグラフから、標的物質を導き出します。

酵素のナレッジグラフ

さらに、既存の化合物においても、TABRASATMの活用により、遺伝子組換え、酵素工学、代謝工学を駆使し、標的物質を効率的に生産するための改良技術を提供します。
NAGASEは、有用化合物の探索から開発、生産に至るまで、ワンストップでの生産体制を確立しています。

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。
クッキーの使用に同意いただける場合は「同意」ボタンをクリックし、クッキーに関する情報や設定については「詳細を見る」ボタンをクリックしてください。